カテゴリ:旅行( 29 )

まだバタバタが続いてますが
ちょっとずついつもの日常が戻ってきて
少しほっとしている ぼんです。

さて、松山。
何一つ観光などしてないけれど
(・・ガイドブックを一応買って持っていったのに・・苦笑)
それでもちょこっとだけ紹介したいとこを
備忘録程度に♪
d0098335_22591620.jpg

道後温泉本館。
d0098335_22595896.jpg

ここまで来て温泉入ってないとか(笑)
d0098335_2304164.jpg

明治27年に建てられた木造三層楼の公衆浴場。
入浴タイプは4コースあって色々楽しめそうです♪
d0098335_2313193.jpg

試合の無い日が一日あればなぁ・・・
d0098335_2345718.jpg

「坊ちゃん」の登場人物がずらり・・
←でも内容覚えてなかったりする私
d0098335_2355546.jpg

伊予鉄の道後温泉駅前の広場にある、からくり時計。
なんだか人が集まってると思ったらちょうど10時だったのー。
d0098335_2375637.jpg

マドンナ登場~っ
(どーでもいいけど小さい時に見たドラマで
マドンナを”窓女”だと勘違いしていた私・・
聞き間違いもあったろうけど、窓際に佇んでる
彼女を見て男子達がそう呼んでたから・・
変わったあだ名だなーとは思ったけどさ・・)
d0098335_238574.jpg

全体のお写真。
人垣から腕を伸ばしての撮影に付、色々は撮れず☆
でも偶然観れてよかったーっ
d0098335_23101493.jpg

この広場から道後温泉本館までの商店街にある
「道後の町屋」さん。
2日目の朝ご飯を頂きました☆
(モーニングの写真は遠征日記に載せてます)
d0098335_2316398.jpg

カップの模様がそれぞれ違って可愛い♪
d0098335_23163215.jpg

大正時代の町家を改装したカフェです。
d0098335_23174361.jpg

友人が席を外してる間にパチリ。
d0098335_23184100.jpg

お庭も素敵ー
d0098335_23182394.jpg

こういうお店メチャ好き。
d0098335_23191692.jpg

違う角度からのお庭。
d0098335_23194785.jpg

いわゆる「ウナギの寝床」のように長い店内で、
私達はこの通路を通った奥のお座敷に案内して頂きました。
d0098335_2323137.jpg

全てが可愛くてオシャレでした。
d0098335_23235975.jpg

今回お世話になったお宿「道後やや」さん。
d0098335_23242776.jpg

ウエルカムドリンクやお夜食などサービス満点♪
d0098335_23245813.jpg

お部屋も素敵だったーっ
お手洗いと浴室はセパレート。
木材がところどころ使われてて暖かい雰囲気。
d0098335_23254457.jpg

アメニティがオシャレって女子心を惹きつけられますよね。
(あ、一応女子だった・・みたいな・・笑)
d0098335_232620100.jpg

浴衣も可愛かった♪
畳のお部屋の他にベッドルームがあって
遠征なのにめっちゃリッチな気分が味わえたーっっ
こんな素敵宿を見つけてくれた虎友ちゃんに感謝!
(しかも期間限定で格安だったーっっ)

d0098335_23275670.jpg

坊ちゃん球場のある駅。
普段は無人駅なのに野球がある時は臨時の職員さんが
派遣されるそうです♪
最初安芸キャンを彷彿とさせられる駅だと思ったけど
駅員さんがいるのを見て、違うと思った(笑)

なんか写真多くない?(笑)
じゃあもうついでに!
d0098335_2329226.jpg

バリィさんの後ろ姿。
d0098335_23295413.jpg

バリィさんの横顔。
d0098335_23301484.jpg

そしてナナメ45°のバリィさん。
これが一番格好いいそうです←ほんまか

さてまた明日から新たな一週間。
あ、うちのチームは首位になったのね。
私、順位って気にならないんだけど・・
まあすぐ通常営業に戻ると思うので(笑)←どんなファン・・
せいぜい首位を味わっておきましょう☆

ほな♪
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2013-06-02 23:33 | 旅行

大江戸紀行その3

ちょっと風邪気味の ぼんです。

あああ今風邪引いてる場合違う~っ
仕事が、というより週末はずっと楽しみにしてた
あれやこれやがあるのに~っっ
頑張れオレ!

そんな訳で引っ張りすぎた大江戸紀行です☆
写真は山ほどあるんだけど
飽きちゃうからもうほんとにサラッと。
d0098335_21104937.jpg

気付けばお昼の時間をとうに過ぎてて。
腹ぺこで7階のお食事処「桜茶寮」へ向かう。
お店の入り口でその素敵に上品な雰囲気にとまどいつつ(笑)
d0098335_2112459.jpg

大江戸弁当~♪
ウマウマでしたよんっ
特に天ぷら!サックサクのあっつあつで口の中ヤケドしつつ。
d0098335_21125895.jpg

お店からの眺め。 国技館を見下ろす。
d0098335_21133226.jpg

お昼ご飯の後は再び常設展示へ。
これは芝居小屋のミニチュア。
d0098335_21154589.jpg

この花魁前もジオラマ同様に外国からの
観光客がいっぱいでなかなか近寄れなかった(汗)
d0098335_21163850.jpg

そういえばこないだ録りだめの映画、
「さくらん」観た。土屋アンナちゃん可愛かった。
安藤政信君がすごく格好良かった。
役柄が素敵で・・・ちょっとドキドキしたー(笑)
結末は結構好き。
d0098335_2118544.jpg

下から見た日本橋。
d0098335_21184332.jpg

さらに腹側(笑)

その昔、明石海峡大橋が開通した時
車でその上を走る事に興味は無く、
それよりもわざわざ船に乗って橋の下を見る
バスツアーに行った、ぼん。
橋梁とか構造関係が好きなのは血でしょうか・・・
もうどんだけ橋脚とか橋の下側の写真撮るねん!って感じで
風景なんて一枚も撮ってませんでしたね←マニア
d0098335_21224896.jpg

5階の展示はだんだん近代へ移って行って、
ぼんの興味もだんだん薄くなって行きます(笑)
これは鹿鳴館。
足元がガラス張りになってます。
一定時間が来ると人形達が出てきてダンスしてたみたい。
(ダンスを見物する人が集中するので、その合間を狙って
他の展示物を気兼ねなくゆったり見た・・笑)

写真は不可だったけど5階には特別展示もあって
この時は徳川家関係の展示をやってました。
d0098335_21253562.jpg

3種の神器。
d0098335_21261552.jpg

他に昔の建物とか色々なミニチュアがあったり
明治~昭和初期のあれこれがあったんだけど
そこはほんとに駆け足で見る感じで。
でもこういう昔の車とかは好き(笑)
詳しくはないんだけどただ格好良いという理由で。
d0098335_21275718.jpg

これも可愛い。
d0098335_2128959.jpg

朝野新聞社。 これは実物大の復元だったかな。
d0098335_21285691.jpg

千客万来~♪

江戸時代の展示に時間を費やしすぎて
最後足がクタクタ過ぎてほんとにしんどかった~っ
また行きたい博物館です。
めっちゃ楽しかった!!

両国駅までの道すがら、さすがにお一人様では
ちゃんこ屋さんには入れまい、と思った(笑)
美味しそうなお店がたくさんあったので残念☆
で、丸一日費やしてしまったし疲れてもいたので
上野に寄るのは断念。

主目的の研修会は何かと心折れつつ、
結果的に心癒された、大江戸紀行でした☆


【そんでもって】
楽天の草野さんが引退・・・(涙)
好きな楽天の選手のベスト5に入る人だったのに。
でも球団職員になるって聞いてほっとしました。
その後がスムーズに決まるって恵まれてると思うので(切実)
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2012-11-21 23:07 | 旅行

大江戸紀行その2

天気予報が当たって朝からずっと雨なので
とりあえず昨日の「大奥」の録画を観た
ぼんですよーん。

有功の憂いを含んだ微笑みにドッキュン(笑)
そして捨蔵・・・何かと自業自得とはいえ可哀相だな・・

さて続いております、東京出張というか観光レポ。
ついて来れてる人はいるのかという
微妙な問題も含みつつ(笑)

なんかやたら写真を撮ってるんですけど
詳細に出すのもどうかと思い
選ってみたけどそれでも多い(苦笑)
全部見せたい!ってかもう現地行って!!(笑)
とりあえずショボイ写真でご紹介。
(フラッシュ禁止なので少々暗めです)
趣味のたわ言に暫しおつき合い下さいませ☆

東京3日目は研修から解放され1日自由時間!(笑)
その日の日シリを観ようとすると更にもう1泊自費になるので
さすがにそれは断念した事が後に英断だった事に。
(いや、まさかの初戦ワンサイドゲーム・・・)
d0098335_134959.jpg

やって参りました!江戸東京博物館!!
お天気良すぎて光ってしまい「江戸」が読めません!!
すごく高い建物なんですが江戸城の天守閣とほぼ同じ高さだとか。
d0098335_13521911.jpg

地上から上がって来たここにチケ売り場が。
このだだっ広い空間はなんだ・・と入る前から迷子の気分。
d0098335_13535284.jpg

博物館は両国の国技館の近くにあります。
ちょうどチケ売り場から国技館の屋根が見えました。
d0098335_13544530.jpg

1階の特別展示は幕末~明治の洋画家、川村清雄展でした。
せっかくだしこれも観ることに。
ぼんはこの画家さんを初めて知ったのですが
勝海舟と懇意だったとか。
和と洋が美しく混在した素晴らしい絵に時間を忘れて見入りました。
桜を一枝生けた花器の絵がとても美しくて絵ハガキを購入♪
d0098335_145524.jpg

ようやく常設展示会場へ到着(笑)←すでに2時間近く経過
なんでか6階から入るのですが・・入って納得。
日本橋の一部再現の為なのですね・・・っこれは圧巻!
こんな博物館初めて観た!←そんなに数行ってませんが(笑)
d0098335_1465927.jpg

橋のたもとに立つ。
お一人様だったので表には出さなかったけど、
この時点でかなりテンション高くなってましたっっうひゃ~っ
d0098335_1485944.jpg

そしてぼんの心を鷲掴んだのはこのジオラマ達!
これは江戸の町並。
もう大好き!こういうの!!一日中観てられる・・・(笑)
ええ、自分では作りませんけどね。
d0098335_14154011.jpg

一部しか載せてないんですけど、いくつか通りがあって
そこここに色々な身分や表情をした江戸の人達が配されてます。
活気溢れる町の声が聞こえてくるような。
d0098335_14165155.jpg

紀伊徳川家11代当主徳川斉順(なりゆき)のものと
推定される具足。
斉順は徳川家11代将軍家斉の七男で紀伊家を継いだそうです。
d0098335_14202999.jpg

よく見るとこの前立、蟷螂だったり~☆
威勢がいいような可愛いような(笑)
どうみてもふざけたポーズにしか見えない・・・
d0098335_14223577.jpg

寛永の大名屋敷。
江戸城本丸大手門前辺りに建っていた越前福井藩の上屋敷。
桃山調の豪壮な建築だったけど明暦の大火で焼失したそうです。
d0098335_1425658.jpg

江戸城 松の廊下。
「殿中でござる」。
d0098335_142641.jpg

あと1ヶ月ほどで討ち入りの日。
もう今年も終わりじゃん~・・・っっ(汗)
d0098335_14265666.jpg

これは江戸を代表する歌舞伎の芝居小屋、中村座。
正面の原寸大の復元だそうですよ。
写真だとどれがジオラマで原寸かわかりにくい(笑)
d0098335_14282552.jpg

再び大名屋敷。
この門、美しすぎます。
d0098335_1429542.jpg

日本家屋の屋根ってほんとに美しい。
西洋には無い、重なって見えた時まで計算された美だわ。
d0098335_14314171.jpg

再び町並。
d0098335_1432765.jpg

気付くと2時間以上経過していてお昼時。
日本橋が偶然無人状態だったので激写!(笑)
d0098335_1433984.jpg

渡った側から撮った日本橋。
d0098335_14342645.jpg

錦絵屋さん。
この辺りはずっと色々な資料が展示されてて、
映画「天地明察」で使われた観測器具などもありました。
(それは写真不可でした)
d0098335_14372069.jpg

千両箱を持ってみよう!のコーナー(笑)
ちょっと持ってみたけど重かった・・・
時代劇で泥棒が千両箱担いだまま
軽々と塀を乗り越えてるのは、あれは嘘だな・・・
d0098335_14383999.jpg

肥桶を担いでみよう!のコーナー(笑)
お一人様だったので写真だけ・・
担いでる写真撮りたかったわー(笑)
d0098335_14395484.jpg

越後屋さん・・・だっけ?多分三越の前身・・←うろ覚え
d0098335_1442027.jpg

一定時間が来ると暖簾が上がったり下がったりするの。
d0098335_14484256.jpg

これは暖簾が下がって中の様子が見れる状態。
d0098335_14493874.jpg

両国橋西詰を再現。
d0098335_14503271.jpg

行き交う舟から威勢の良い声が聞こえてきそう。
d0098335_1450595.jpg

もう見入りすぎて時間の経つのが早い早い!
気付けばお昼の時間をとうに過ぎてて足もクタクタ。
なので7階にあるお食事処へ行くことに。

さらに続く~っ 長々と申し訳ないっ

【んで。】
薄ボンヤリとしか覚えてなかった昨日のWBC前哨戦。
テレビつけたらやってた、位(笑)
ユニの配色があんな感じで捕手が燕ちゃんにしか見えず。
よく見たら西武の銀仁朗だった罠(笑)
その彼は昨日今季初HRとか・・
いや、好きな選手なんだけどまさかのHRにびっくり!
山本お監督もびっくり!(笑)

ちらっと見た感じでは楽天の嶋君が
あのユニがよくお似合いでした・・・二度惚れ(笑)

うちの筒井君はちょっとアレでしたが。
気をつけて投げないと甘い球は力ワザで
飛ばされて持ってかれてしまいますよ・・?

各選手の応援歌が聞けて、さながらオールスターですが
うちは出てるのが筒井君だけなので聞くことは無いのね(苦笑)
思わず歌う、「角中ヒット!」(笑)

いやしかし若いね!チーム編成(笑)
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2012-11-17 15:14 | 旅行

大江戸紀行その1

本日インフルエンザの予防接種を受けた ぼんです。

やっぱり業種上罹りやすいし
自分のためだけでなく周囲にも気を遣って
今の職場に来てからは毎年受けてます☆
罹らない為ではなく重篤にならない為の予防接種。
皆様もピークが来る前に、是非(誰?)

で、参戦レポが大体終わったので
(未済があってももうわかんない・・・)
その他の写真など。
野球じゃなくても低クオリティで(笑)

先月の1泊2日お一人様東京出張など。
d0098335_2235280.jpg

これも宿から撮った東京タワー。
これまでの人生で観てなかった分を
この出張中に取り戻す位観ました、東京タワー(笑)
d0098335_2254446.jpg

2日目の研修が少し早めに終わったので
そのまま歩いて「芝東照宮」へ。
d0098335_2262887.jpg

そういえば何年か前に行った日光東照宮は
アップしたんだっけ?←忘却の彼方
ちゃんとお詣りしました。
d0098335_2283288.jpg

猫~!!
うちの子に似てるけど耳の形が違った☆
d0098335_2210379.jpg

そして増上寺!
ここは・・広すぎてどう観ていいのかわからんかった(笑)
こういう時一人って困ってしまう。
困った挙げ句のこんな写真とか・・(苦笑)
両端切れすぎやろ~っっ
最近急に寒くなったけどこの頃はまだ暑かったんですよ・・
で、逆光だったし、すごい西日だったし・・(色々言い訳してみる)
d0098335_22104732.jpg

横の門から入ってしまったみたいだったので
正門を出て撮り直し(笑)
結構観光客っぽい人がゾロゾロいらっしゃって。
ちょっと意外でした。。
d0098335_22112514.jpg

そして中には入れない徳川家霊廟。
d0098335_2212585.jpg

重厚な雰囲気。
d0098335_22125140.jpg

ちょっと時代劇に出てきそうな風景だわ・・と思ったら
どうやら近くの幼稚園の子供達の作品のようです。
d0098335_22133481.jpg

敷地内には皇女和宮ゆかりの茶室「貞恭庵」。
d0098335_22142073.jpg

ここは中に入って見学できると思ったら入れず。
しかも隙間から写真撮ろうと試みてたら、
中にお掃除をされてる年配の女性がいらっしゃって
必死に内側の様子を撮ろうとしている姿を目撃されてしまった(笑)
けっ決して怪しい者では・・←十分怪しい
d0098335_22155881.jpg

研修からノンストップの観光だったので
少々疲れまして一度宿へ戻ったものの。
まだ夕方の早い時間だったので東京駅まで出る事に。
(ぼんにしては活動的だ!だけど足の疲労は限界だった・・)
宿から最寄りの駅ではなく、歩いて別の路線の駅へ。

途中の風景。
ああ、ここ落ち着くわ~としばらく橋の上でボンヤリ。
ちょっとホームシック気味(笑)
d0098335_2219415.jpg

キレイになってた(らしい)東京駅。
d0098335_2220555.jpg

駅の中も人混みが凄かったけど、駅の外も人だらけ。
みんな駅舎の写真を撮ろうとしてる人だった☆
なのでぼんも堂々と追随(笑)
d0098335_2221862.jpg

前回のは携帯で撮ったのをアップしたんだけど
あんまり変わらないかな・・・?
ここも写真撮る人で大混雑。
でも確かにこの天井キレイですっ
d0098335_22222381.jpg

翌日観光してから帰る予定をしてたので
どんなスケジュールになっても大丈夫なように
エキナカでお土産を買っておくことに。
るるぶに載ってた「日本橋錦豊淋」さんのかりんとう♪
ベスト3に入ってる「紫イモ」と「きんぴらごぼう」を
買いました~っ(紫イモは撮り忘れ・・・)

ちょっと並びました(平日だというのに・・・)
d0098335_2227087.jpg

携帯の画像悪し・・・大きく撮ると虫みたいに見える(笑)
一味の赤いとこ、見えますか?
思っていた以上に一味が効いてて辛かった☆
味は甘じょっぱい感じです。
紫イモはあっさり甘くて、いくらでも食べれそう(笑)
どっちも美味しかったです♪

その後もお土産屋さんをウロウロしまくって
さらに歩いて大手町の本屋さんで東京来てまで小説を買ったり。
(持ってきたのを読んでしまったので帰りの新幹線用に)
2日間の研修でパンパンになった頭でしたが
この日は足がパンパンに(笑)

宿に戻ってゆっくりしてから「大奥」観て寝たのさ(笑)
そして翌日は観光のメイン!朝から「江戸東京博物館」♪
続きはまた後日☆


【で。】
今日からFA交渉解禁!
「どこにいても誰と居ても幸せでいればそれでいい」と、
大人な気持ちでいたかったんですけど(笑)
やっぱりやっぱり心は平穏ではない!平野ん!!!
FA表明前後の新聞は今だに読めてない、ぼん。
なので全然情報が無かったんですけど、
平野ん大好き過ぎるあの球団は「興味なし」ってか??
まるで恋の駆け引きの体ですが、
ツンデレとかそんなの今要らないから。

昨日自分の過去の記事を読み返して
やっぱり平野んは良い人で良い選手だと再確認。
どうか平野んの落ち着く先が早く決まりますように。
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2012-11-15 22:57 | 旅行

2日目薩摩紀行。

ども、旅行疲れを吹き飛ばすために
3B体操行って来たら案の定ヘトヘトになった
ぼんですよ~っ

さあ、もう、いつでも寝れます(笑)
だけどいつまで経っても終わらないので進めちゃうよ!

2日目は念願の桜島へ~♪
d0098335_22223187.jpg

島へはバスに乗って陸路で向かいました。
d0098335_22231348.jpg

これが桜島だ~!!
d0098335_22233596.jpg

絵になるなぁ~・・
d0098335_22235811.jpg

・・と、うっとりお山に見とれてましたらば、
山の頂にかかってた雲の間から灰色の煙が・・・
d0098335_22241569.jpg

どうやら噴煙のようです(驚)
音は全くしなかったので最初は見間違いかと。
d0098335_22245867.jpg

あっという間に青空が煙っていく・・・
d0098335_22251842.jpg

その後、フェリーで桜島を出て対岸の鹿児島市方面へ渡ったのですが、
船着き場への道すがらまるで砂嵐のように火山灰が舞ってる様子に驚きました。
乗船してから振り返るともう島の姿もほぼ煙ってしまってました・・
d0098335_22343865.jpg

それから薩摩の小京都と言われる知覧の武家屋敷群へ。
清流溝と呼ばれる疎水には鯉が泳いでます。
もちろん頭を巡ったのは♪カープカープカープ広島♪(笑)
d0098335_22345855.jpg

お屋敷の入り口には屋敷内が見えないように屏風岩があるのが特徴☆
d0098335_22385931.jpg

公開されている7つのお屋敷のうち、唯一水が張ってある池泉式のお庭です。
d0098335_22404487.jpg

あとは全部枯山水式。
水出しの知覧茶を振る舞って頂いたのですが、暑さもあってめっちゃ美味しかった♪
茶葉を氷水の中に10分ほど入れておくだけという手軽さ。
普段あまり違いのわからないぼんですが、これは全く渋みが無く後味が甘くて
すごく美味しかったです!!
d0098335_22433598.jpg

向かって左が女性用玄関、右が男性用。
飛び石があって、上がり口も少し高めになってるという違いが(時代だなぁ・・)
d0098335_2246622.jpg

お屋敷を囲う石垣、石の形が2種類あったのですが
四角いのが本家、丸いのが分家を表してるんだそうですよ~
d0098335_2247587.jpg

武家屋敷のある通りもどこか琉球を思わせる風情が。
敵がまっしぐらに入って来れないように見通しが悪く作られてるそうです。

お昼に知覧の茶そばなど頂いてから知覧特攻平和会館へ。
d0098335_22494460.jpg

ちゃんと勉強した事もないので何も言えないのですけど
やっぱりあんな風に命を投げ出す状況なんて絶対にダメだって事はわかります。
若い命がたくさん犠牲になったという悲劇を煽るだけでなく、
こんな悲惨な事実があったと広く人々が知る事が大事だと。

そして指宿を通って南端の長崎鼻へ。
d0098335_225035.jpg

車窓から見える開聞岳。なんだか雨が降ったり止んだり・・
d0098335_22502797.jpg

・・と思ってたら現地はめっちゃ良い天気!
d0098335_239243.jpg

だけど風がめちゃくちゃ強くて体が吹き飛ばされそうな勢い・・
カンカン照りだけど日傘なんて差した日にゃあ
まるで台風中継のアナウンサーのようになって慌てて閉じた罠。
景色はすっごいキレイだった!!海の青と空の青!
ちょっとした崖もあってまるでサスペンスの犯人と対峙する場面みたいな!
d0098335_23113031.jpg

灯台格好ええ~♪
d0098335_23145736.jpg

間近で見た開聞岳。
d0098335_23152989.jpg

長崎鼻って「長崎」と何か関係あるのかと思ったら
長い鼻のような岬・・だそうな。

この後はお土産屋さんに寄ったりしながら一路鹿児島空港へ。
ツアーにありがちな盛りだくさんで時間に追われて1つ1つをゆっくり見ることは
残念ながらできませんでしたが、なかなか楽しい旅行でした☆
そんな訳で旅行レポも駆け足だぁ~っ(笑)
お城の写真ならまだまだあるんだけどね・・もう要らないでしょ(笑)
d0098335_23181057.jpg

帰りの飛行機の羽にハートの模様♪
d0098335_231992.jpg

画像悪し。
やり損ねた事の1つ「白熊食べてなーいっ!!」
なので空港のお土産屋さんでテイクアウトのを買って飛行機内で食す(笑)
席に座ってシートベルトしてすぐ(笑)
フライト前の搭乗時間中に食べ終わる←早っ
ぼんは練乳が苦手なのですが全然気にならず、甘すぎず、美味しかった!!


それこそ若い頃には絶対行く事ないと思ってた薩摩でしたが(佐幕派でしたので・・)
年を取って丸くなったのと(笑)やっぱり大河ドラマ「篤姫」の影響は大きかった☆
・・そんな風に気持ちを変える事の出来る大河ドラマが観たいものよのぉ・・
(平清盛?あんなの歴史じゃなくておとぎ話の域じゃん・・)
ほんとにNOKさんには性根を入れ替えてもらって次作頑張って頂きたい。
会津を題材にするからには相当頑張って頂かないと・・・
でも主人公の八重さんは良いとしてあのキャスティングにすでに不安が・・・
もはやイケメン俳優で歴女達を釣ろうとしてる臭いがプンプンと・・

あ、話がそれてしまいましたね。
d0098335_2327417.jpg

紫イモのアイス~♪美味しかった!
d0098335_2328733.jpg

黒酢屋さんのオリキャラ・・らしい。
可愛いのだけどイラストがお店の中に点在してるだけで
特に何か販促的な訳でも無く、残念な感じでした・・・

ほんとは島津のお殿様の庭園とか薩摩切り子とか
ホンモノの白熊とか肉とか(笑)見たいものも食べたいものとか
やり残した事がたくさんあるの~っっ
桜島ももっとゆっくり見たかったしね~っっ
また行ってみたいな~っ薩摩。

弾丸ツアー的な旅行の帰路はあちらこちらの花火大会の
見物客による超混雑で疲労困憊過ぎるオチが待ってましたのよ。テヘ。


そうそう、「天地明察」は上巻の半分を過ぎた頃辺りから面白くなって来ました。
我慢して読んだ甲斐がありました(汗)
早く下巻を買いに行かないとっっ
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2012-08-06 23:41 | 旅行

熊本・鹿児島行き♪

ども、野球やってるのに記事書いてる ぼんです。

いやいや、旅行中の試合もアレでしたけど
今日なんてあんだけチャンス作っては潰してたら
そりゃ勝てないよね。
どの人もこの人もここぞで打ち上げる天ぷら定食大盤振る舞い。
塩にしようか天つゆにしようか迷っちゃう(爆)

さて、今年の夏旅行は九州☆
一昨年くらいにも大分・宮崎旅行をした気がしますが
色々予定などを合わせてたらこれしか無かった(笑)
別に九州マニアとかじゃないですよっ
だけどこれで九州は全県網羅(笑)

九州新幹線ではなく飛行機だったのが残念。
さくらちゃんにはまたの機会に乗りたいと思います。

1日目、熊本空港へ到着。
そこからバスに乗って熊本城へ♪
d0098335_2046989.jpg

抜けるような青空にお城が映える♪♪
d0098335_20462916.jpg

ああ素敵・・・ここだけで1日過ごせる・・(そんな訳にはいかない)
d0098335_20464893.jpg

お城の中には展示物は少なくて、どうやら本丸御殿大広間で
色々見学できたようなんですがそこはツアーの宿命、
もう時間切れ~(涙)
後から地図を観ると全体はすごく広い敷地であちらこちらに
見学すべき場所があったようなんですよね・・・ああ、心残り。
(天守閣に辿り着いて、その中を見学するだけで
時間いっぱいいっぱい使ってしまったのも敗因・・・)

時々ご当地ゆるキャラの「くまもん」が現れるそうなんですが
この日は会えなくて残念~っ
ただ代わりにコスプレしたお兄さん達が出迎えてくれました・・
最近流行りの歴女などをターゲットにしてるんでしょうか。
(だってゲームキャラみたいな扮装やし・・・)
ぼんはちょっと恐いものを避けるような感じに素通り(笑)

この後はえびの高原など車窓からの景色を楽しんだりお店に入ったり。
最後に霧島まで移動して霧島神社へ☆
d0098335_20574960.jpg

有名なさざれ石。
途中の高原で降りた時も外気温が寒い位だったんだけど
ここでもすでにヒグラシが鳴いててまるで初秋の雰囲気。
d0098335_2058472.jpg

苔むしていい感じ♪
d0098335_20581940.jpg

お詣りしてまいりました。
思ってたよりこじんまりしてた・・
もしかするともっと奥とかあったのかもしれませんが
そこまで散策する時間もなく。
d0098335_20583587.jpg

ご神木。
d0098335_20584766.jpg

霧島といえば龍馬さんとおりょうさんの新婚旅行の地らしいですが。
なんだこの立て看板(?)のクオリティ(笑)
いい味出してて実はこういうの嫌いじゃないです☆
昔、会津の飯盛山にもベニヤで作った白虎隊士が草むらに
立ってたらしいのですが、去年行った時には無くて残念な思いをしました。
なので今回これが観れて良かったです(笑)

この後はお宿へ入ってご飯食べたり温泉入ってほっこりしたんですけど・・
日が暮れてからなんだか外の様子が一変。
昼間時々雨が降ったものの概ね良いお天気だったのに
夜になってものスゴイ強風と雨。
まるで台風が来たかのような悪天候に・・・
窓に叩きつけるように降る雨の音が結構大きくて
次の日の観光を心配しながら寝ました(結局寝たんかい!)


野球は手も足も出ず終了・・
旅行2日目の記事はまた次回に致します☆
(こうやって色々滞っていくんだよねぇ~・・・千葉も終わってないのにっ)
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2012-08-05 21:20 | 旅行

昨日は投稿する前に寝落ちしたかと思い
朝念のため携帯見たらちゃんと送信できてたので
「夕べのオレは偉かった」と自画自賛のぼんです(笑)

・・・と思ってたら、
PCのメールにも投稿文が届いてた・・
夕べのオレはなんでPCのメールに送った後に
投稿したんだ・・・謎だ・・・

携帯からの投稿は苦手です・・
文字を打つのも推敲するのも面倒だし。
でもやっぱり試合の感想などはできるだけ
リアルタイムに近い時に伝えたいよね!(希望)

・・・と言いながら今さら広島遠征の話を
グダグダ書くつもりなんですが(笑)
試合内容はもうほんとに今さらになってしまうので
写真などを中心にゆるりとやりますので
気長におつき合い頂ければ幸いです(笑)

ゆーててもCSファイナルとか日本シリーズとかで
また間が空いてしまうんでしょうけど
それはそれでご愛敬(笑)


10/22(土)はナイター。
宿のチェックインの時間までは虎友さんとは別行動。
なんせ一人でお出かけするのが超苦手なぼんなのですが
ちょっと今回は大人チャレンジ!(笑)

①ちょっぴりオサレなお店で一人ご飯←超苦手。立ち食い蕎麦なら平気(笑)
②一人観光

・・と目標を掲げたものの、のっけから広島駅で緊急事態(?)発生、
駅から広電乗り場まで30分かかったという有様(笑)
(ちなみに広電乗り場は駅前すぐです)

さらに一日乗車券をしたり顔で買ったものの、
カードリーダーに入れるところを間違ってたようで
(多分出口から入れようとしてた・・)
カードが入らず、仕方なく何事も無かったかのように
下車時にカードを入れるも当然カードリーダーから拒否され・・
運転手さんに「乗る時にカード通して下さい」と素っ気なく言われ
もはや耳は垂れ、尻尾も下がる有様。

そんな悲喜こもごもがあってようやく宿に到着し、
荷物をとりあえず預け、頼みのるOぶで当たりをつけた
川沿いのカフェを探すものの・・

・・・・無い。
宿すぐの川沿いにある予定が行けども行けども見つからず
橋2本通り過ぎ、一昨年舘川さんと広島遠征で利用した宿の前まで行き、
どうやらとっくに行き過ぎている事を確信する。
そこで無情にも雨が本降りに・・・

本日の宿近くまでもう一度戻り、よくよく見てみると・・・
るOぶに載っていた別のレストランのすぐ隣に更地が・・・
まさか・・・
まさか、ここ??

ここで教訓!
るOぶは最新号が不可欠!
2年前の情報はすでに古いと思え!!

すでに心は挫け、それでも前へ前へ進む気持ちを忘れるなと
あの吉田義男氏の言葉が蘇り(嘘)
ぼんはまた広電に乗り、今度は広島城を目指したのでした。
d0098335_21282228.jpg

広電を乗り換えてさらに徒歩約15分。
ほとんど人通りが無く、まるで春に行った鶴ヶ城のようだと思ったら。
後でわかったのだが、その時同様に裏門を目指してたという訳。
どうやっても表門からお城に入る事ができない、
なんだか後ろ暗いぼんでございます(笑)
d0098335_21311666.jpg

見えてきました!広島城!!
別に城マニアではないんだけど・・なんか好きなんですよね☆
特に前知識も無く(またか・・)やって来たんですが、
毛利輝元の居城だったんですよね、毛利元就の孫の。
d0098335_21331463.jpg

おおぉ~っ テンション上がる~!!
そして雨は降りしきる・・

外からお城を見た時は小ぶりな印象で、中の展示物を見ても
時間が潰せるか心配になったのですが・・
大間違い。
なかなか充実した展示でした☆
中でも日本刀や鍔が数多く置いてあって見応え十分!
ぼんはあんなに鍔を見たことが無かったので大満足♪
細かい彫りとかほんとメチャ美しい。

この日は雨が降ってて外気温も高めだったので
お城の中は蒸し暑くて汗だくになりました・・
しばらくすると警備員の方が大きな扇風機を各階で廻して下さいました。
d0098335_2333641.jpg

広島城から見た旧広島市民球場。
d0098335_2345729.jpg

帰りは表門から出ました☆
お濠も素敵。
d0098335_236468.jpg

残念ながら表門は工事中のため写真は断念。
(ブルーシートや足場やらが写り込んでしまうので・・)
なんだかんだと時間が過ぎてしまったので慌てて本通の広電を目指しました。
途中、全国(?)どこでも安心クオリティのベーカリーカフェで遅い昼食。
まあ、オサレといえばオサレなのかも・・と
無理矢理ミッションクリアで終了(笑)

お城出た位から雨は上がり、陽が差して来て
暑い位になりました☆

紆余曲折ありながら無事待ち合わせ時間に宿へ戻り
チェックインして部屋に荷物を置いたら・・
ユニに着替えて いざ!ズムスタへ!!!

待て!次号!!

続いてしまうけどぽちっとな。
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2011-11-01 23:33 | 旅行

本日もはや二度目のアップなんかしてる
別にヒマな訳じゃあないんだけどそういう時に限って
色々やりたくなるんだよーんっの ぼんです。

そんな訳で會津紀行最終回です(笑)
完結まで3ヶ月以上もかかってしまいました☆
紀行その1~4までを見たいというキトクな方は
旅行カテゴリからどうぞ~♪
(リンクさせておくほどのものでもないかと・・苦笑)
今回特に写真が多いですがっ


ここまでのあらすじ。
5月末の交流戦の楽天戦を観に仙台まで遠征していた
ぼんと舘川さんは「せっかく東北まで行くのだから」と
試合の次の日、長年憧れていた福島県の会津若松で
観光したのでした。

で、旅の最終目的地、飯盛山。
直前に酒蔵で試飲したお酒もほどよく回り、
降り続く雨も大して気にならなくなり(この時も台風だった・・・)
さあ、行くぜ!飯盛山!!
d0098335_10511183.jpg

・・とゆーても山道をウネウネ登って行くわけではなく
まるで金比羅さんのような階段がずっと続いていて・・・
しかしふと右手を見ると受付があり、そこで1人100円払うと・・・
d0098335_1052356.jpg

歩く歩道ならぬ、登る歩道に乗る事ができまーす(笑)
こうやって見ると結構な傾斜です・・
節電の為、お客さんが来て料金払うと運転のスイッチを入れてくれる仕組み☆
d0098335_10535760.jpg

飯盛山はご存じの方も多いでしょうが、幕末の戊辰戦争の折、
鶴ヶ城が敵に落とされたと思い込み、白虎隊士の少年達が
その短い生涯を絶った自決の地なのです。
d0098335_1058571.jpg

墓地への入り口
d0098335_10584322.jpg

白虎隊士中二番隊の隊士達のお墓。
「儀三郎」とか「和助」とか見知った名前を見ると「ああ、本当に来たんだ・・」と。
d0098335_1105033.jpg

台風で雨続きだったからか、平日だったからか、震災の影響か、
ほとんど人がいなかった飯盛山。
露に濡れて綺麗な山の緑と深く広がる静寂が心に沁みました。
何度も何度もお墓に手を合わせ一瞬気持ちを馳せます。
d0098335_113549.jpg

飯沼貞吉の墓。
彼は仲間と共に自決したものの後に息を吹き返し助けられ
唯一の生き残りとなり明治を生きた隊士です。
(あのドラマでは宮川一朗太さんが演じられてまして・・
今でも彼を見かけると「貞吉が出てる」とゆってしまうほど印象深いです)
後年、白虎隊士であった事はほとんど周囲に言わなかった貞吉。
彼は何を思って明治を生きたのか。
新しい文化や技術に目を輝かせつつ、それを見ることなく散った仲間を
思うと後ろ暗い気持ちにもなり・・・きっと全開で思うようには
生きれなかったんじゃないかと思うと哀しいです・・・。

貞吉のお墓は隊士達のお墓より少し離れた場所にあります。
・・もうちょっと近くても、並べてやってもいいんじゃないかと思いますが。

d0098335_1112341.jpg

そしてここが自刃の地。
昔はベニヤ板の隊士が草むらに置いてあったそうなんですが
(それも見たかった・・)今はこの像が代わりに鶴ヶ城を臨んでいます。
d0098335_11142014.jpg

城下町の火事や煙を見てお城が燃えていると思ったそうなんですが
なるほど遠くてこれではよくわからないですよね・・。
遠眼鏡を持っててもそんなに精度も良くなかっただろうし・・
ちなみに写真奥の少し左よりに緑が多く繁ってる辺りが鶴ヶ城です。
d0098335_11162288.jpg

ぼんのカメラで最高ズームにした鶴ヶ城。
ところが・・この手前の赤白ポールはなんぞ???
この飯盛山を訪れる人が当然この自刃の場所からお城を見るのは必須!
なのにその景観を損ねるこのポールは・・・
もうちょっとズラして立ててくれれば良いと思うんですけど・・・
そういえばお城から飯盛山方面を見た時にもこのポールのようなものを
見た覚えがある・・・
となるとこちらからお城を見ればこうなるのは必然だったのね・・
d0098335_11185663.jpg

あちこちに立ってる観光スポット看板。
この隊士のイラストがいい味出してます(笑)
d0098335_11544025.jpg

墓所を挟んで、自刃の地とは反対側にある、「さざえ堂」。
ぼんは今回観光雑誌を買うまでこの建物について知らなかったのですが
舘川さんがものすごく興味があってぜひ見たいと。
d0098335_11563940.jpg

中は螺旋状のスロープになってて、かなりの急勾配。
靴を脱いで歩いたんだけど、坂が急過ぎて下りは足を何度も滑らしそうに・・
グルグルまわりながら上に行って、下る時は同じ道を通らない造り。
設計図のようなものが展示されてましたが・・・うん、わかんない(笑)
ここでの舘川さんの食いつきようは先ほどまでのぼんの様(笑)
だけどこの不思議な建物、ぼんも興味津々に☆
グルグル回ってるうちに同じ様な景色に酔いそうになりましたが(笑)
d0098335_11591259.jpg


d0098335_122266.jpg

そこからまたしばらく行ったところにある「戸ノ口堰洞穴」。
この向こう側にある戸ノ口原まで応戦して出ていた白虎隊士が
お城に戻ろうとして通ったと言われる洞穴。
d0098335_1233942.jpg

この日は台風の雨で増水していますが、白虎隊士達が通った時も
雨が降る日だったとか。
食料調達に行った隊長とはぐれ、空腹と疲労と寝不足でフラフラになりながら
この暗い洞穴を通ってやっとお城が見えたと思ったら・・・・
年端もいかない少年達の張りつめた緊張の糸を切ってしまうには
容易い光景だったでしょう。
d0098335_127370.jpg

裏かと思ったらこちらが本参道・・(笑)
奥州って響きがものすごく好きなんですが(マニア?)
d0098335_128599.jpg

白虎隊記念館♪
ここも絶対来たかった!!!
d0098335_129848.jpg

白虎隊士像。
d0098335_12101369.jpg

中は展示物がいっぱいだったのですが、結構雑然とした感じで(汗)
その前日に仙台で見た青葉城址の展示館と比べると・・・うぅむ。
それはある一国とある小隊との違いなんでしょうか・・
あまり力の入ってないというか元気のない印象でした・・
歴史的にもほんの一瞬だし資料もほとんど無いとは思うのですが
展示の仕様にもうちょっと工夫はできると思うのですよ・・?

でもあのドラマの出演者の当時の写真とか中川翔子ちゃんの亡父上、
中川勝彦さんの写真も見れて本当に良かったです。
今見ても本当に格好良い沖田総ちゃんですにゃ~っっ
2Fに上がると白虎隊や娘子軍を紹介するアニメビデオが流れてました。
前日の青葉城のビデオを上回る面白さ!!ツッコミどころ満載!!

こういう記念館などを存続していくのはなかなか難しいとは思うのですが
内容はともかくちょっと期待ハズレでした・・・
展示というよりただホントに置いてあるって感じで(苦笑)
埃被ってるし、説明書きも昔のままの手書きで味はあるけど
黄ばんでたり破れたりしてるよぉ~っっ(涙)
素朴で良いとは思うんだけど・・・再来年の大河は会津が舞台になるんだし
もうちょっと元気が出ると良いなぁ~っ

そんな訳でNOKさんにはそろそろ本気で大河を作って欲しいもんです。
昔みたいにいつまでも語り継がれるような名作をぜひ。
せっかく会津を舞台に新島八重子さん物語を作っても
まさか落城前まで夫婦だった川崎さんとのメロドラマとか
新島襄さんとの運命の出会いとか書いた日にはもお・・・許さん。
d0098335_1221364.jpg

藩校「日新館」の教えを今に伝える看板。
会津っ子はこの教えを今も心に刻んでいるんですね・・
「ならぬことはならぬものです」

まだまだ訪れたいところなどたくさんあったのですが
(なんといっても日新館に行けてないのは無念過ぎる・・・)
もう完全タイムアップで記念館を出てからバスに飛び乗って
駅まで向かいました☆

ぼんにしてはものすごく動いた今回の旅行。
仙台も会津も限られた時間の中で目一杯満喫しました☆
あいにくの台風による雨で後ろ髪引かれる事もたくさんありますが
きっとまた訪れたいと思います!
d0098335_12271530.jpg

帰りの磐越西線の車窓から。
この頃には雨もほとんど止んで雲の切れ間に青空が。
緑一杯の山と青空が水田に映って、心打たれる美しい景色に。

これが、皆が最期まで守りたかった会津。
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2011-09-04 12:44 | 旅行

會津紀行その4

今日も暑くなって参りましたね~☆ぼんです。

本日の試合はナイターですが、ぼんはお出かけ。
でも大丈夫!
お店でご飯食べながら野球観まーす♪(^o^) 
初めてのお店観戦♪
心配なのは1つの事に集中してしまう ぼん。
この場合、ご飯か野球かおしゃべりか、どれが勝つのでしょうか。
初の試みすぎてわかりませんっ
(もちろん球場だったら野球が勝つんですけどね・・笑)

そんな訳でもうちょっと時間があるので少し進めておく旅行記・・
早く終わらせないと(汗)


お目当てのお店が休業中だったため、フラフラと大通りに戻ったぼん達。
するとその道の向かいに良さげなお蕎麦屋さんを発見。
お昼はそこで済まそうと信号待ちしてたら・・・
d0098335_1401736.jpg

すぐそばに「宮泉銘醸」さんという蔵元さんのお店を発見。
ぼんのあんまり活用してない「るOぶ」にも載ってたお店じゃないか!と
時間を気にしつつ、のれんをくぐります。

お店のお姉さんの上手な勧め方で原酒やらにごり酒やら
飲めないくせに色々試飲してしまった ぼん。
一番飲みやすかったサイダー割にするためのにごり酒を購入。
日本酒はほとんど飲んだ事のない舘川さんも同じものと酒ジャムを購入。

あとちょっとしたお土産も置いてて・・・
「るOぶ」に載ってて買いたかったんだけどそのお店に行く時間が
無くて諦めてた同じものを発見!!
d0098335_1461184.jpg

白虎隊と娘子隊の起きあがりこぼし♪♪
めっちゃ可愛い~っっ
偶然入ったお店だったけど寄ってみて良かった~
d0098335_14213560.jpg

毎晩サイダー割にしてチビチビ飲んでたけどもう無くなった~っ
舘川さんが「ネット通販もしてるらしいよ」と教えてくれたので買おうかな~っ

ちょっぴりいい気分になりながらお蕎麦屋さんへ。
d0098335_1423326.jpg

香寿庵さん。
会津蕎麦はしこしこと硬めでぼん好みでした♪
d0098335_1425974.jpg

早く食べたくて、またもや雑な写真~(汗)
白虎定食(ちょっと名前ウロ覚え・・・)。
この天ぷら、大きな葉っぱのがめちゃくちゃ美味しくて
食べた事のある味なんだけどなんだろう~と思ってお店の方に聞いたら
なんとセロリの葉の天ぷら! ほんとに美味しかったです!!
元々セロリは大好きだけど生とか炒めものでしか食べた事なくて。
葉の天ぷらは初めてでした♪ しかもめちゃくちゃ大きいし食べ応え満点♪

食べ始めて5分くらいしてから次の周遊バスの時間が迫ってる事に気付く。
味わいつつ急いで食べてお店を出ました~っ

d0098335_142817.jpg

バス停前の「会津葵」さん。
会津名物のおまんじゅうのお店。
ここもほんとに時間無くて入れず~っっ(号泣)

いよいよこの旅最後の目的地、白虎隊士中二番隊自刃の地、飯盛山へ。

d0098335_14314636.jpg

到着!
でも飯盛「山」というだけに山を登らねばなりませぬ。
この看板の向こうに見える長い長い階段。
5月に行った金比羅さんを彷彿とさせる参道。
まだ降り続ける雨。
お酒も入って軽くイイ気分の二人(笑)
そして手には酒瓶の入った袋。

レッツ登山!
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2011-07-09 14:38 | 旅行

會津紀行その3

職場が暑すぎて、午前中にはこってりテカテカになる
「普段はカッサカサやのに・・」の ぼんです(笑)

いやぁ~イイ感じ?←嘘つけっ
さすがに午後からはスポーツ飲料で水分補給。
お茶だけではいずれ倒れますよ、奥さん!(誰)

さて、野球もないのでお送りしています會津紀行。
(試合以外の情報にはあんまり手を出さないので・・笑)
普段の野球ブログと違うマニアックぶりにドン引きされてるのが
ひしひしと伝わってきますが、なんのお気に召されるな!
これはぼんの公開日記なので好き勝手に書いてます☆
遠慮なさらずにスルーなさって(笑)


さて、鶴ヶ城。
何が違うのかというと・・・
瓦の色が違うのです。

前回の記事に書いた時代劇「白虎隊」のオープニング。
出演者の名前等が今では珍しい縦書きで画面の左から右へ流れ、
その背景に空を旋回しながら撮影された鶴ヶ城が映し出されます。
BGMはもちろん「愛しき日々」。
・・・・瓦屋根は黒っぽかったとぼんは記憶しております。
(もう何度も観たから覚えてる!)

それもそのはず。
ちょうど2010年3月から瓦の葺き替え改修工事が実施されていたのです。
それがちょうどこの3月末で終了していまして。
遠い昔の鶴ヶ城と同じ赤い瓦になったという訳でした。

最初は違和感があるものの何が違うのかわからなくて
舘川さんと悩んだのですが・・・。
「瓦の色が黒っぽかった気がする・・・」と困惑しながら
城内の展示物を観てたらちゃんと瓦の説明があって(笑)
謎はすっかり解けました☆

ちなみに天守閣は初め蒲生氏郷が築き、慶長の大地震のあと
加藤明成が改築、その後明治に入って建物は全て取り壊しになって、
現在の天守閣は昭和39年に竣工されたものだそうです。
d0098335_21251999.jpg

走り長屋。
天守閣の両翼にあった本丸防衛のためのもの。
現在はその南側(左側)だけが再建されています。
ここは武具も納められた武器庫でもあったそうです。
d0098335_21273461.jpg

表御門(鉄門)
帯郭から本丸に入る門は木の肌が見えないように鉄板で
覆い包んでいるところから鉄門と呼ばれたそうです。
d0098335_2254230.jpg

お城から望む飯盛山。
写真の街並み、真ん中から左寄りに赤白の細い煙突?が立ってますが
その向こうが飯盛山です。
白虎隊士中二番隊、自刃の地。
d0098335_2256049.jpg

お城は展示物も観て、せいぜい1時間半から2時間くらい?と思ってたのに
気付けば3時間近くも滞在・・・
雨さえ降ってなければまだまだゆっくりお庭散策とかするところでした。
期間限定の特設展示とかもあったりしてすごく充実してました!
天守閣出口にあるお土産モノ屋さんのトラップにひっかかり、
分厚い写真集のようなものを2冊購入してしまった ぼん。
外は雨だっつーの(笑)
持ち運びに非常に苦労致しました。
d0098335_22595741.jpg

お城のお濠端にある「本丸茶屋」さん。
見た目鄙びた感じなんですけどお団子、天ぷらまんじゅう激ウマ!
お店の方もめっちゃ気さくでした☆
焼き団子はもっちもちで香ばしい♪ 300円也。
d0098335_2354730.jpg

ぼんはこの後のお昼ご飯を気にしながらも
天ぷらまんじゅうを注文♪
目の前で揚げて下さいました。
こんなキッチンペーパーに包まれて来る感じです(笑)
お値段も80円ととっても優しい。
d0098335_2383266.jpg

お味は・・・想像してたのとは全然違って全然油っこくないのです!
外はサックサクで中の餡は甘すぎず。
とっても軽い感じでこれはいくつでも食べれそう!!(舘川談)

ものすごく後ろ髪引かれる思いで後にした鶴ヶ城。

d0098335_23115276.jpg

お城からすぐのところにある会津藩家老「西郷頼母邸跡」。
頼母様というともう里見浩太郎さんしか思い浮かびません・・
d0098335_23165610.jpg

籠城を決意した頼母が登城した後、その妻子など一族21人で集団自刃。
白虎隊自刃と共に語り継がれる会津の悲劇。
静かに手を合わせました。

さて、目指すはお城から歩いて5分ほどにある「鶴ヶ岡茶寮」さん。
キレイな庭園を観ながら、ちょっと奮発して会席料理を頂く!

・・・予定だったのに。
d0098335_23105487.jpg

厨房工事に付、お休み。

マジで?
・・ってゆうか一応電話して確認とかしてなかったのか、ぼん。

雨の中、しばし途方に暮れる二人・・・




【おまけっ】
偶然知った、再来年2013年の大河!
なんと!!
新島八重物語ではないですか!!
(ぼんは山本八重子という名前の方がしっくり来るのですが)
会津藩、砲術指南であった山本覚馬の妹で
戊辰戦争の折には男装して自ら銃を撃ち、鶴ヶ城籠城もした女傑。
その後、同志社大学創設者である新島襄と結婚。
・・あのお八重さんですか??
しかも綾瀬はるかちゃん抜擢~!!!(嬉)

会津が選ばれた事が嬉しい~!
実は鶴ヶ城で「大河の題材に」と名君・保科正之を取り上げてもらう
署名ノートがありまして、それにぼん達も記名させて頂いたのですが・・
主人公こそ違えど会津を時期的にも取り上げてもらえた事が本当に嬉しい。

聞くところによると会津への修学旅行が10分の1にまで減ってるそうです。
風評被害による観光産業も打撃を受けていると思われるので
取り上げられる事でまた観光客を呼び込めれば・・と期待してます。
だから頼む!NHK!!
そろそろ昔のような素晴らしい作品を作って下さいよ~!!
[PR]
by eeny_meeny-bon | 2011-06-22 23:45 | 旅行