人気ブログランキング |

2007年 11月 07日 ( 1 )

楽園

あっという間に一日が終わった ぼんです。

ほんと、休みの日って時間過ぎるの早いねー。
掃除して、郵便局行って、市役所行って、
午後から母の用事で車で一緒に出掛けたら
もう終わった・・・(笑)
しかも車拭けてないから汚いままだー。

車でウロウロしてる途中に以前の会社の前を通ったよー。
今日は4t車が所定のとこに一台も停まってないなーとか
横目で見ながら通り過ぎました☆

結局昨日は休日の前夜ってことでタガが外れて
宮部さんの本、上巻を読破・・・ああ、毎晩少しずつ読もうとしてたのに。
しかも週末まで我慢できずに、今日、下巻買ってしまった・・・
これ、今晩読むとまずいよな~でも己の欲望の赴くままのぼん・・・(笑)

映画にもなった「模倣犯」、その作中での事件から9年経ってからの
お話です。その主人公が自分の中で消化できないまま
ずっと引きづって来た事件の「喪の儀式」をするために新しい事件に
関わっていくお話。この「喪の儀式」っていう言葉にすごく共感。
人が亡くなった時にただお葬式っていうのは式典ではなくて
その人がもうこの世にいないって事を理解していく過程の手段の一つだと
思うんです。
人にはそれぞれ生きてきた中で悔やむ事や哀しい事とかあって
時間も必要だけどそれと決別する段階を踏んでいく事が「喪の儀式」なんだな、と。

この「楽園」という物語に出てくる人物は皆何かしらのキズを持っている。
だけど誰もが誰かを想ったり労ったりしてる。
その人達の「喪の儀式」によって話が進んで行きます。
まだ佳境へは辿り着いていませんが、期待に反する事ない結末が
待っているはずです・・・。
宮部さんの作品はほんとに後からパズルの全てのピースがはまるって感じで
「やられた!」感があって好きです。

d0098335_23254951.jpg
著 :宮部 みゆき
出版:文藝春秋






「模倣犯」を読んでなくても十分わかるお話です。
今のところなんでタイトルが「楽園」なのか検討もついてません・・
ああ、続きが気になる~!!でもこんな時間~!!(笑)
by eeny_meeny-bon | 2007-11-07 23:31 | 本・漫画